運動・認知機能改善へのアプローチ -子どもと高齢者の健康・体力・脳科学-

book0020

運動・認知機能改善へのアプローチ -子どもと高齢者の健康・体力・脳科学-

(book0020)

編著者

藤原 勝夫(金沢大学大学院医学系研究科教授)

書籍データ

【発行日】 2008年4月19日
【判型】 B-5
【ページ数】 178

目次はこちらからご覧ください

序文

子どもを取り巻く環境に大きな変化が起きている。それは、マスメディアの発展に伴うコンピュータゲームの普及や運動遊びの減少、家族構成や地域社会の変化に伴う友達や人間関係の希薄化、生活時間や生活スタイルの激変などである。これらが相互に関連して、体力の著しい低下と、脳・心の深刻な健康問題を引き起こすに至った。高齢者においても、運動不足病を含む生活習慣病の予防とあわせて、脳・心の健康問題の解決が重要課題となってきた。特に、認知症の予防・治療は、国民の一大関心事となっている。これと軌を一にして、脳科学の著しい進歩があった。

こうした社会的状況を踏まえて、2005年に金沢で開催された日本健康行動科学会第4回学術大会において、「運動・認知機能の増進プログラム」と題して公開シンポジウムを開催した。そこでは、時代に即した健康に関する問題点を指摘し、健康づくりの新しい方法論を提示することをねらいとした。その他に配慮した点は、子どもから高齢者までを対象とすること、リハビリテーションと体力トレーニングに共通する方法論を見出すこと、および脳科学の研究成果を盛り込むことであった。この本は、この時のシンポジストを中心に執筆したものである。本の章立ては、1~4章に子どもに関連した内容、5~10章に高齢者に関連した内容、11~13章にリハビリテーションに関連した内容となっている。

この執筆にあたって留意したことは、既知の知識をまとめるのではなく、できるだけ多くの健康問題を紹介すること、およびその問題解決のために取り組んでいる研究を紹介することである。その他に、調査・実験による科学的データに基づいて、論を展開していただくように依頼した。とはいっても、ある程度基礎知識を盛り込まざるを得なかった。そのために、内容が広範に及ぶこととなり、まとまりがなくなったような印象を禁じ得ない。しかし内心、現代社会が抱えている深刻な健康問題について理解していただけるとともに、その問題解決のアプローチ法を見出していただけることを期待している。後者のことを実現するためには、健康問題として現れる具体的現象と生理機能とを直接結び付ける糸口を見出す必要がある。この本が、一人でも多くの研究者にそのような糸口を与えるような原石的存在になることを希望する。

2007年12月8日 金沢大学医学部新校舎にて

金沢大学大学院医学系研究科
藤原勝夫

在庫状態 : 在庫僅少
¥3,600(税別)
数量